後縦靱帯骨化症を、知ろう

検査の方法

CTスキャン

治療法には多くの方法がある。その方法によっては、気軽に行えるものとある程度時間が必要とされるものがある。
それらを組み合わせて使えば、もっと詳しく知ることができる。

詳細を確認する

経過観察と治療法の検討

経過を見る医師

この病気を診断された人は、様々な経過を経て病院を受診している人が多い。
短期間で診断した場合と、長期間痛みと付き合った人の場合、神経の損傷具合も鑑み、治療法を検討する

詳細を確認する

手術の選択

手術室

後縦靱帯骨化症の外科手術は病状が進行していない、比較的早期の場合に施されるものである。
手術は病変部位に対して行われるが、病変した部位を取り除く方法と、圧迫を軽くする方法がある。

詳細を確認する

リハビリを行う

リハビリを行う人

リハビリを行うのは、さらなる筋力低下を招かないためである。
神経が損傷してしまうと、手足へ神経伝達が行われなくなってしまう。リハビリでは、圧迫を軽くし、筋力をあげるための方法が取られる。

詳細を確認する

ピックアップ

早く見つけ、治療する

早期に発見した人

手足のしびれがある場合、脳梗塞などによってしびれが生じていることがある。
大きな症状の場合は、直ちに脳外科などを受診することが推奨される。

後縦靱帯骨化症やヘルニアなどの、脊髄や神経に関係している病気では、痛みやしびれが生じる。
この治療については、整形外科で手術を行うこともできる。
最も大切なのが、早めに病気に気づき、診断することである。

神経の痛みはなぜ早めに診断しなければならないかというと、それは組織をそれ以上痛めないようにするためである。
痛めてしまうと、組織は元通りに再生しないこともある。
このため、早期発見と治療が不可欠なのである。

Copyright(c) 2014 後縦靱帯骨化症を診断し、早期に治療し回復させる. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com